次世代のクライアントサイドフレームワーク Aurelia のご紹介

弊社がエンタープライズ向けのプロジェクトで利用したDurandalフレームワークの作者 Rob Eisenberg さんがこの間次世代のクライアントサイドフレームワークAurliaを発表しました 。

Get Started を和訳しました

ベースの技術が変わりましたが、Durandal の後継者だと言われているフレームワークですので、早速社内で試してみました。可能性を感じたので、Aurelia の Get Started セクションを和訳しました。興味がある方は是非参考にしていただきたいです。(pull requestを送ってマージされました。訳がおかしいところがあればお知らせください!)

Get Started 日本語版

また、サンプルアプリケーションをTypeScriptに変換しました

Aurelia のサンプルアプリケーションは ES6 で実装されていますが、弊社ではクライアントサイドの開発に TypeScript を使っているので、早速 TypeScript に変換しました。

TypeScriptで実装されたサンプルアプリケーションのリポジトリ

元々のサンンプル同様にGulp を使っていて、Visual Studio 等のIDEに依存していませんので、気軽に試していただけます。メインソース、ユニットテスト、結合テストが全て TypeScript に変換されています。

ソースマップも出力されているので、ChromeでTypeScriptのままデバッグができます。

サンプルのREADMEも和訳してありますので、参考にしていただけると幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。