Scala Conference in Japan 2013 に参加しました

2013/03/02 に開催された Scala Conference in Japan 2013 にスポンサーとして参加させていただきました。200 名弱の Scala 愛好家(?)が集まっただけのことはあり、会場は一日中熱気に溢れていました。

主立った技術としては Akka, Play Framework そして Scala 2.10 が紹介され、また各社の Scala による事例や知見が多数紹介されました。まだ Scala を導入して間もないところも多く皆さん苦労しながらプロジェクトを進めている様子でしたが、そういった状況でも Scala の威力を実感されているという紹介もあり Scala の今後の広がりを感じることができる内容でした。

リクルーティングセッションでは弊社も企業紹介をさせていただきました。実案件への Scala 導入という面ではまだまだではありますが、社内プロジェクトや社内ツールはほぼ Scala で実装しています。Scalaに限らず、テクノロジーでエンタープライズ開発を変えていきたいと思う方は是非 jobs@enrapt.jp までご連絡ください。



運営の皆様、スピーカーの皆様、弊社ブースにお立ち寄りくださった皆様、懇親会でご一緒させていただきました皆様、その他の多くの皆様のおかげで Scala の魅力を再確認できた一日となりました。ありがとうございました。


本ブログではこの後 Scala Conference で紹介された Akka などの技術をご紹介していきます。また、Scala Conference で配布しましたコーディングチャレンジの結果も本ブログにて逐次ご報告していきます。ご期待ください。

Leave a Reply

Popular Posts